みなさま、こんばんは。1000年先の未来に着物を残すため着付師からネオKimonoスタイリストになったミシェル由衣です。

本日は大変光栄のお仕事させて頂きました。

今日からスタートしたロシア映画際!!!

ロシア映画祭in東京2018

この映画祭にて、司会を勤められたジャーナリストである、堀潤さんにスタイリングと着付けをさせて頂きました。しかも、着せた着物はなんと先日の北斎×着物 お寺でフェスで主催である一般社団法人日本リ・ファッション協会の代表である鈴木純子さんが着た着物。日本の芸術の詰まった着物。あまりにも良い物だったので女性物ではありましたが、こちらの着物を選ばせて頂きました。


スポンサードリンク


しかも、ロシアの映画監督さんが大変こちらの着物を気に入ってくださり、お嫁に行くことになりそうです。良いものは伝わるを実感する瞬間でした。

スタイリストとしては、色々な人がこの着物の魅力を引き出す瞬間を2度も見れて本当に幸せで、着物の幸せそうな声が聞こえた様なきがしています。

ちなみに、鈴木純子さんが着用している写真はこんな感じ。

改めて着物の色々な人が着られる。その魅力を再確認できる1日となりました。そして何よりロシアの方にも愛していただけてこの着物に巡り会えた事に感謝いたします。

ロシア映画祭は10/25まで。みなさまぜひ行ってみてくださいませ。参加費は無料ですよ。

もし良ければ着物で行ってみてはいかがでしょう?それだけでおもてなしになるかもしれませんよ♪

 

=======クラウドファンディング応援のお願い=======

RefashionCaravan。11月16日~18日LONDONのHyperJapanの為にクラウドファンディング を実施中!応援よろしくお願いします。

無料でできる支援、シェアや拡散もどうぞよろしくお願いします。

https://readyfor.jp/projects/RefashionCaravan2018

記事をシェア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です