みなさま、どうもこんばんは〜。1000年先の未来に着物を残す為、

着付師からネオKimonoスタイリストになったミシェル由衣です。

 

みなさん、着物着てますか?もしくは着せてますか?

実は着物って、普段何気なく日常を過ごしているよりも英会話を使うチャンスを得る確率が高いんです!

着物好きなら、大好きな着物を通して英会話を使う機会を得て練習の場をゲットしちゃいましょう♪

 

◆『普段から結構着物着てます』なあなた!!!


スポンサードリンク


そんな事?と思うかもしれませんが、着物着て観光スポット行ってみてください。写真の様な浅草だとかなりの確率で「写真撮らせてください!」と頼まれますよ。ポイントは複数人で着物を着ていく。話しかけんなオーラは出さない。英語圏以外のかたも多いですが、声掛けられたらすかさず、世間話!

「どこから来たの?」「日本どう?」「どのぐらいいるの?」「東京だけ?」

などなど質問をぶつけてもし時間と勇気があるなら「この後地元の飲み屋で飲まない?」「夕飯一緒にどう?」

ができたら、はい!友達になってさらに話しましょ〜。

 

『普段から着物着てるけど、何より着物着せるプロなんです』なあなた

場を見つけるのが少し難しいですが、海外の人との交流イベントなどで着物や浴衣を着せてあげるボランティアなどをしたり、可能ならもうイベント主催しちゃいましょう。ですが、さらなる方法が!!!

これまた浅草などの外国人がいっぱいいる場所に行って、

着物のモデルやらない?」と観光客をナンパ!

着せる場所の確保が必要ですが、これかなりの人のってきますよ。この時、あなたも和服を着ていると相手も安心します。また一人でない子に声を掛けてみるのも相手が安心するかもしれません。また振られてもメゲない。普通のナンパよりよっぽどの成功率かと思いますので。

私これで海外の友達10人以上増えました。写真の二人の女の子もイタリア人で仲良くなりました。イタリア行ったら会わねばならぬ二人ですがまだ再会叶わずです。今年会いたい!!!

 

『着物は着れないんです・・・』な人への番外編

地下鉄で困っている外国人の方がいたら声を掛けてください。可能ならそのまま現地まで送り届けてください。もし地元とかなら、そして何より勇気があるなら「面白そうだし、案内しようか?」と言ってみてください。

数ヶ月に1回ぐらいは外国人の電車での迷子さん助けているミシェル由衣ですが、これでロンドンの撮影モデルさんと巡り会いました。彼女のホテルの場所は、私の最寄駅!しかも私がロンドンに出発する約1週間前に出会い、彼女はロンドン在住!これは運命のモデルさん!と思わずにはいられませんでした。

 

いかがです?できそうですか???まずは体当たりでど〜んと行きましょう。英会話なんて気にしない。気持ちですよ♪そして何よりも、観光客の中には地元の人と絡んでみたいと思っている人いっぱいいます。思い切って声掛けてみましょう。

 

あ!それから最後にと〜〜〜〜〜っても大事な事。

◆最初の挨拶は日本語で!◆

「こんにちは〜」でも「こんばんは〜」でも英語圏の人とは限らないのでまずは私たちの言葉で話しかけましょう♪

記事をシェア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です