みなさま、こんにちは。1000年先の未来に着物を残す為着付師からネオKimonoスタイリストになったミシェル由衣です。

ハロウィン直前!というタイミングにジャックオランタン用のかぼちゃを頂いたので、ジャックオランタンを作ってみました。クラウドファンディング の最終日はハロウィンなので、クラウドファンディング の願掛けも♪

どうぞ支援をよろしくお願いします!

https://readyfor.jp/projects/RefashionCaravan2018

本題はここから♪

スポンサードリンク


みなさん、着付けはどんな風にしていますか?「お教室で習った通りに着てます。」「習ってないのでオリジナルです。」「youtubeみて着付け覚えてあとは自力で。」

などなど色々かと思います。ではみなさん、自分に合う着付けはどんなですか?

苦しさや順番、使う道具の話ではなく着た時の見た目のお話です。

私は今も着付けのお仕事を引き受けている着付師でもあり、もちろん超かっちりな着付けなら花嫁さんの衣装の着付けまでできます。

ですが自分で着物を着るときは補正は絶対にしません!

これには2つ理由があります。

1.日常的に着るものに着付けに時間を欠けられない。

2.体のラインが出る着方が好き。

特に2番の体のラインが出る着方が好きというのは、普段の洋服からそうでゆったりとした、体のラインが隠れる様な服よりも体のラインが出る様な格好が好きということもあり、着物でも同じだなぁと改めて感じました。

着物の良い所は、着るもののライン感さえ着付けで変えられること。

ストレートラインじゃなきゃ綺麗じゃない。ということは無くて、あなたがどんな着方が好きかで着方を選べる、本来はとっても自由な着るものなんです!

自分らしい着付けをぜひ探して自分の魅力を着物と自分で引き出しましょう♪

 

 

記事をシェア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です