みなさまこんにちは。1000年先の未来に着物を残す為、着付師からネオKimonoスタイリストになったミシェル由衣です。

突然ですが、みなさんは日本人が世界の人口の何%かご存知ですか?

計算すると大体1.5%です。ほんのちょっぴりです。

「日本は世界から割と好かれている。良い印象を持たれている。だから自分がやっている和の事を世界に広めよう!」と思っている人ってもしかしたらいるかもしれません。


スポンサードリンク


そして実際に既に日本国内で海外の人に例えば私の様に着物を着てもらう様な体験サービスを提供している人もいるかもしれません。

今年からありがたい事に、世界へ飛び出す機会がありました。

たった1つ違う世界に出て行くだけで気づける事「うわっ着物って全然知られてない!」

今までは日本という超ホームでの活動。7月のパリでは日本好きが集まるイベントだったのでこちらも超ホームでの活動。そりゃあ着物を知っている人もいますよね。

パリの郊外での印象的なエピソードがありまして、着物を着て3人で歩いていたのに「ニイハオ」と声をかけられました。

1000年先の未来に着物を残す為には。を少し考えてみた所。やっぱりこの閉じた世界で何かアクションを起こし続けていても仕方ないな。と感じています。

そんな訳で着物がファッションとして当たり前になる為に、この先ももちろん着物の魅力を伝える活動は続けますが、世界の色々な場所から着物の魅力を伝えたいと考えているので、気軽にお声がけください。

基本的に世界中どこへでも出向いて「着付け教室、スタイリング教室、着物体験、着物を着て写真撮影」それ以外にもアイディアがあればお呼びください。その時に着物の魅力についてお伝えする時間がいただけたらとても嬉しいです。あ!あと交通費も♪

そして、次の舞台はロンドンです!11月16日〜18日に開催されるHyperJapanという日本イベントのステージとブースにて着物を通して和ごころを世界に伝えて参ります。写真はロンドンに行く仲間たち!!!

今月いっぱいで終わりますがクラウドファンディング を実施中。どうぞ支援をよろしくお願いします。

https://readyfor.jp/projects/RefashionCaravan2018/

記事をシェア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です