【すべての衣装にはストーリーがある4】

どうもみなさ、1000年先の未来に着物を残すため、
着付師からネオKIMONOスタイリストになったミシェル由衣です。

前回から引き続き、1つずつ、衣装のバックストーリーを伝えていくシリーズを、すべての衣装の紹介がおわるまで、していこうと思います。
是非、この部分も知って頂ければ嬉しいと思っています。

こんな長襦袢見たこと無い!

こちらは、超面白い一枚!モデルさんは一枚目に登場した 白鳥 紗也子 ちゃん

この着物は実は、初めてパリのJapanEXPOに行った時にもショーステージで使わせて頂いた一枚でした。
恐らくこれも手作りの長襦袢です。
使っている生地がとても変わっていて、呉服屋さんのサンプル生地を縫い合わせて作り上げている物です。
汚れや、柄の奇抜さなどから、普段使いは難しい一枚ですが、ショーには欠かせない一枚!
私もReFashion Caravan 代表の 鈴木 純子 さんもお気に入りの一枚。

引き続きほかの衣装のストーリーもお楽しみに!


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました