みなさま、こんばんは。1000年先の未来に着物を残す為着付師から、ネオKimonoスタイリストになったミシェル由衣です。

先日のairbnbの着物体験に来てくれたお客様で、「2.5次元ミュージカルが大好きで日本に通っているの!」と教えてくれた女の子がいました。

「ふ〜んそんなのあるんだぁ。」で話題を終わらせる事もできますが、特に、海外の人との会話なら、そのトピックについて調べて話ができた方が絶対に良いです。


スポンサードリンク


その手の話題は少なくてもそれだけ熱烈なファンが日本の外にいる。という事。もしかしたらまた同じトピックで話ができる人が現れる可能性があるからです。

写真の彼女はまた別のお客様ですが、私が教える着付師向け英会話では、お客様と着付け中に話す普通の会話も教えているのですが、「自分でネタ帳を増やしてね。わからない時は私に聞いてくれればアドバイスはします。」という事を必ず伝えています。

普段の会話には英会話をステップアップする為の英単語ではなく、会話のネタが存在する可能性が大!

英会話を使いこなす上で、特に最初のうち、「トピックについてすらわからない・・・。」という自体がかなり発生します。こういう事にならないために、なるべく会話のネタは自分から振るのがおすすめです。何について話しているか。がわかるだけで、会話を予測できたりする上に、そのトピックを日本についての話題にしておくだけで、海外の人がどんな質問をよくしてくるか。もわかっているので、そこから会話がわかりやすくなったりするんです!

いつも書いていますが、着付け中は絶好の英会話のチャンス!この瞬間を生かさないてはないのでぜひ、トピックを自分からガンガン振ってみてください。

着付け時の英会話に不安があるかた、どうぞミシェル由衣が教える

着付師向け英会話教室にお越しください。ただ着付け中の英会話を教えるだけじゃない。そんなレッスンとなっております。

◆着付師向け英会話のご案内◆

 

記事をシェア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です