着付師さんの為の英会話 Kimonoエンタテイナーコースに興味津々のみなさま、

是非是非最後まで今日の記事を読んでレッスンを受けてくださると嬉しいです♪

 


スポンサードリンク


タイトルの通り、KIMONOエンタテイナーコース受けるぞ!と決めたなら、ぜひアドバンスコースまで受けてほしいなぁ。と感じました。

というのも一昨日4月3日の夜は、SkypeでのKIMONOエンタテイナーアドバンスコースのレッスンだったのですが、いよいよ残すところ1レッスンという所まで来た生徒さんの基本的な着付け時の英会話が本当に毎回良くなるからなんです。

英会話って繰り返し使う。それがシンプルに成長に繋がります。とにかく読む、読み合わせる。そこに意味がわかってくるとさらに良し!となるのですが、実際に英語を口にする機会って定期的にはチャンス少ないですよね。そこで6回コースのアドバンスコースで毎回レッスンの最後に同じ内容の英会話を読まされる。これって超大きいし、重要なんです。

なので、もしもうこの先バリバリ英語で着付けする機会があります!という人でない場合はアドバンスコースまで受けて、継続的に口から出す。

そしてもちろんコースが終わった後も、一人でブツブツブツブツ読む。声に出す。これを続けて、可能なら実際に海外のお客様を捕まえて定期的に実際に着付けを英語でする機会を自分に作ってあげてください。

ちなみに、「どうやって海外の人を捕まえて着物を着せるか。」これもレッスン中でお教えすること可能です。

海外のお客様が複数人いる様なイベントがある時は、今までKIMONOエンタテイナーコースの授業を受けてくださった方には「着付けやりにきませんか?」の声かけをさせて頂いています。

でも数はそんなに多くないので、アドバンスコースが終わったら、ぜひ自分でがんがん海外の方を捕まえてどんどん着せることをチャレンジしてみてください!

記事をシェア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です