きっともっと簡単にきものを着れるならもっとたくさんの人がきものを手に取るだろうなぁ。


スポンサードリンク


世界中の人がきものを着たら、きものの未来は明るいだろうなぁ。

​その結果1000年先にもきものは残っている♪それを知っているから、自由で気楽なきものを、世界中の人に体験してもらえるそんなサービスを提供しています。40カ国以上の人にきものを着せましたがもっともっとたくさんの国の人に着てもらいたい!!

​この先も世界中の人にネオきものを体験してもらい続ける活動を続けます。

記事をシェア

スポンサードリンク

1 のコメント

  1. ピンバック: プロフィール – Neo Kimono stylist Michael Yui

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です